ファイヤーキングとは?

 アンカーホッキング社のブランドの一つで、1942〜1976年にかけて大量に製造していた食器のことを指します。丈夫で長持ちの耐熱食器として主婦に人気で、スーパーなどで簡単に手に入ることができました。
 しかし、アメリカ人主婦たちの間でカリスマ的存在として知られる、マ−サ・ステュワ−トさんが自分のテレビ番組で取り上げたのをきっかけにたちまち人気が上がり、今ではコレクタブル・アイテム、アンティーク品となっています。



2006年03月03日

お店の種類

 さて、ファイヤーキングはどこで買えるのでしょうか?
大きく3種類。細かく分けると、6種類くらいの方法があります。

雑貨屋
 近くにアンティークやコレクタブルアイテムを扱っている雑貨屋だと結構な確率であります。あと、変な本屋さんヴィレッジヴァンガードにおいてあることも多いですね。
 ただし、雑貨屋で買う場合は、少し高めのケースが多いです。それは、店舗のコストとか掛かるので当然ですよね。その分、実物を見れて納得の上で、買えます。

オンラインストア
 オンラインストアにも幾つか種類があります。雑貨屋がネットでも売っているケース。楽天市場と併設のケース。そして、自前のオンラインショップだけのケース。前の二つは、しっかりした会社が行っているケースが多いです。最後のオンラインショップのみは、自宅で行っている個人商店が多いですね。値段のほうは、だいたい下のような傾向にあります。

雑貨屋(+ネットショップ) > 楽天ショップ > オンラインショップのみ

 また、オンラインショップには、海外に住む日本人が運営しているケースがあります。実は、このケースがオンラインショップの中では、一番安いことが多いです。

オークション
 手間が多少掛かりますが、一番安く買えます。ただし、納得の物を納得の値段で手に入れる為には、多少のコツが必要でしょう。オークションサイトは幾つかありますが、Yahooオークションを使うのが一番間違いがないです。
 また、英語に抵抗感が無い人だと、海外のオークションであるeBayを使うのが、実は最も安く買えます。例えば、ジェダイのDハンドルマグだったら、10〜20ドルの間で落札できます。日本だと、安くても3000円から。この差は大きいですね。実際、日本のオンラインショップの方と思われる入札が多数入っています。

それぞれの詳細の説明は、また次回説明します。
posted by dkdr at 14:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 購入方法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36782975
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。